旅の諸々−16

11月9日、 ヴェネツィアビエンナーレ ジャルディーニ会場 のつづき。
パビリオンを巡ります。

フィンランド
a0224382_20142558.jpg

アルヴァ・アアルト設計のフィンランド館。 木造です。 
アアルトの建築初体感。

a0224382_20143135.jpg

構造のシンプルなラインが美しい。 心地良く差し込む光の取り入れ方も素晴らしい。 

a0224382_20144676.jpg

ポカァーンとお口を開けたまま、展示よりも建物ばかり見てしまった(笑)

a0224382_20143829.jpg


【アメリカ】
a0224382_20145139.jpg

凝った数多くの模型や写真。 
その割に心にしっくりくるものがないまま通り過ぎてしまったかな。

a0224382_20145991.jpg

a0224382_20151485.jpg

a0224382_20152507.jpg


【北欧】
a0224382_20153522.jpg
ノルウェーのモダニズム建築の代表的存在、スヴェレフェーン設計の北欧館。

a0224382_20154040.jpg

中にはピラミッド状の木組みがあって、そこに施工例の資料が置かれている。

a0224382_20154850.jpg

気になるものを自由に取って行くのですが、この段差、結構あるんですよ。

a0224382_20155725.jpg

はじめはあれこれ集めていたものの、くたびれて人気のないトコで休んでいたら・・・

a0224382_20160719.jpg

見つかっちゃった(笑)



そしていよいよ!!
【日本】「縁 EN : ART OF NEXUS」
a0224382_20161495.jpg

ル・コルビュジェに師事した吉阪隆正氏の設計。 1956年竣工。 2014年に伊藤豊雄氏により改修。

a0224382_20162142.jpg

今回、日本館は審査員特別賞を受賞したそうです。

「縁」という概念を基に、建築空間がどのように人と人との繋がりを演出している事例。
新たな視点のシェアハウスあり、空家対策としてのリノベーションあり、そのどれもが
日本の現在おかれている事情に沿っていて、見せ方も解り易かった。

私の写真よりも解り易い↓こちらを是非ご覧ください。

a0224382_20162940.jpg


a0224382_20163483.jpg


a0224382_20164237.jpg


【ドイツ】
a0224382_20170126.jpg

ここは休憩所かな?って思っちゃった(笑)
この開放的な空間に対しての展示物の少なさ。
開口部にはドアも無かったよ。
あれかな? 難民を受け入れているが如く、閉ざしませんよっていう主張!?

a0224382_20171324.jpg

何らかの狙いがあるのでしょう。。。


【チェコ】
a0224382_20181806.jpg


【オーストラリア】
a0224382_20184349.jpg

ここは新しく建ったようです。
外観はシックな箱。
内部は・・・

a0224382_20185077.jpg

プール。 足湯的に水に足を浸している人も。 
その場の人達の笑顔から、リラックス空間なんだなぁ〜と実感。

オーストラリア館も↓こちらをご覧ください。


今日はここまで。
続きはまた。













# by eggshell0125 | 2017-03-06 23:54 | 日々のいろいろ | Comments(2)

旅の諸々−15

11月9日、 ヴェネツィアビエンナーレ ジャルディーニ会場 テーマ館の続き。

前回の泥の家のように土俗的なものに惹かれる傾向にある私ですが、
こんな感じも好き。

Christian Kerez , in collaboration with Hugo Mesquita

a0224382_00292804.jpg

こんなトコに住んでみたいなぁ〜ってワクワクしちゃう。

a0224382_00295069.jpg

プランもなるほどな面白さ。 それでいてシンプルだった。

a0224382_00292133.jpg

こういう模型を作るのも楽しそう。 
学生の頃、M教授の事務所で模型作りのアルバイトをしていた頃を思い出した。

a0224382_00300158.jpg

と・・・「テーブルにも注目だよ」とAちゃん。
「スカルパのテーブルだよ。」

a0224382_00301326.jpg

線の綺麗なテーブル。
教えてもらってなければ気にもとめなかったかも。
ありがと。 Aちゃん。

そして次。
ライティングで更にディスプレイが生きる感じ。

a0224382_00301990.jpg

a0224382_00302641.jpg

a0224382_00303544.jpg

最後の方に見たこれも印象的だったな。

a0224382_00304241.jpg

ゴミの埋め立て地の緑地化。 の、

ビフォー
a0224382_00305067.jpg

アフター
a0224382_00305567.jpg

額が気に入らないけど(笑)

a0224382_00310347.jpg

パノラマ写真的に飾られたパネルには、そこに生活する動物や人間が。
直面しなければならない問題に取り組んで(今のところ)成功している例でしょうか。

そして最後のブースをさらっと見て

a0224382_00313554.jpg

パビリオン巡りを開始しようと一旦外に出たのですがーーーーー、

ランチ時間を過ぎていることに気づいてフードコートに逆戻り。

a0224382_00314413.jpg

おっとー、な、インテリア(笑)

サラダ仕立てのクスクスとカプチーノでお腹を満たしたらパビリオン巡りだよ。

a0224382_00315185.jpg


続きます。








# by eggshell0125 | 2017-03-04 01:19 | 日々のいろいろ | Comments(0)

旅の諸々−14

9日。 この旅の目的であるヴェネツィアビエンナーレ建築展のジャルディーニ会場に。
ヴェネツィア市街最大のジャルディーニ公園内にテーマ館(旧イタリア館)と、
30あまりの国のパビリオンが点在してます。

a0224382_22493699.jpg

先日購入したチケットで入場します。
↓一番上がビエンナーレのチケット。 下のは水上バスの。
裏面には名前が印字されていて、入場時に身分証明書と照合するの。 意外に細かい。

a0224382_22494420.jpg

さて、何処から見ようか。
テーマ館内には30程のブース、その他に各国のパビリオンが30棟もあるから、
全てをじっくり見ていたら時間がなくなっちゃうねってことで、気になる物は
じっくりと、そうでない物はさらっと流すことに。

先ずはテーマ館を見ようと向うが、その手前にスペイン館とベルギー館とオランダ館がある。

スペイン館

a0224382_22500394.jpg


展示タイトルは「未完成」
未完成のままとなった建築物にも、未来の可能性がある…というコンセプトなのだそう。

a0224382_22501019.jpg

軽量鉄骨のフレームに木額に入った図面と写真。 
テーマに対してどのような展示がされているかはもちろんだけど、空間とのバランスも様々なんだろうな〜。
まだ次があるからさらっと見る。

a0224382_22501713.jpg

因に、このスペイン館は金獅子賞を受賞してます。(↓こちらをご覧あれ)




ベルギー館

a0224382_22502611.jpg

モザイクタイルがかわいい。

a0224382_22503495.jpg

展示はこんな感じ。 実物と施工例写真。

a0224382_22504368.jpg

a0224382_22505324.jpg

a0224382_22510342.jpg

a0224382_22513129.jpg


普通に解り易い。  サラッと行きます。

オランダ館は青一色。 内部も真っ青でしたよ。

a0224382_22514275.jpg

でも、内部は国連の平和維持活動の展示でした。
現地施設は任務完了後もその地域において使える物でなければならない・・・
というような内容だったように思いますが、国連の現地施設とオランダが
どういう関係性なのかキャプション読解できず。


a0224382_22515153.jpg

さて、テーマ館。 
テーマはアルセナーレ会場の時にも書いたけど「Reporting from the Front」前線からの報告です。

a0224382_22521328.jpg

キュレーターのアレハンドロ・アラヴェナ氏曰く「建築環境の質、その結果としての人々の生活の質を
改善するために、勝ち抜かなければならない戦いや拡張すべきフロンティアがあり、そこで違いを
もたらしてきた語られるべき成功談や共有されるべき事例を紹介したい。ビエンナーレを知性や
洞察力、もしくはその両方を駆使して、現状を打破する建築に着目し、そこから学ぶ機会にしたい」
と、このテーマに込めた意味を語っています。(ビエンナーレHPより引用)

展示に行きます。

a0224382_22522075.jpg

一見木に見えるけどこれ煉瓦です。
国旗があるからパラグアイの出展? 地震に耐えられるのかな…って思って見てきたけど、
帰ってきてから調べたら、ベネズエラ出身のソラーノ・ベニテス氏による、精密な計算に基づいて
つくられた安定的構造なのだそう。
しかも使用する煉瓦の数が少なくてこの空間を作れるという経済性。
「単なるデザイン」ではないのです。 それでいてこの美しさ。
それも凄いけど、パラグアイのような発展途上国においてはプロの職人が不足している
現状があり、素人も携わる中で、型を使うことによって誰がつくっても同じクオリティーを
保てるという優れもの。
素人でも仕事ができる→仕事の場が広がるということが発展途上国では必要とされるのですね。
壁に木枠が立て掛けられていましたよ。 これが型なのね。

a0224382_22522948.jpg

それを見て何を感じて何を得るかは人それぞれ。
その時に何も感じなくても、時が経って心に落ちることもあるだろうと思って見て回る。
テーマと照らし合わせようとすると混乱しそうな気もしたので、純粋に見て感じようとしていたかな。

a0224382_22523971.jpg

a0224382_22525127.jpg

日本からもSANAAが出展。

a0224382_22531083.jpg

おとなしめの展示でした。 
日本人の活躍を見ると、やはり嬉しいものですね。

a0224382_22532315.jpg

写真の整理に疲れてしまう程あるのですが、端折ります。 いっぱい端折ります。

a0224382_22533520.jpg

展示は…どうやってみるんだよっ! 的なのもあったり(笑) 雰囲気なのかな…と思いきや、
↑この展示は特別表彰を受けているんですよ。 テーマは「失われた名誉」。
シチリア島南部出身のマリア・ジュゼッピーナ・グラッソ・カンニッツォさんの作品。
彼女が40年間で手がけてきた、雑誌には載らない規模の作品の数々の展示で、エスキースから
図面から模型写真から施工写真などなど、小さな物件でも様々な取り組みをしていて、
そう言う積み重ねもまたこの業界には大切なことなのですね。


途中、カルロ・スカルパの仕事に癒されたり。

a0224382_22535215.jpg

紅葉も綺麗だけど、スカルパのなんともいえない包囲空間の心地良さを体感。

次。 サクサクと行きます。

a0224382_22540259.jpg

個人的にはこういうの好き。 テーマに関係なく。

a0224382_22541259.jpg

展示はホント様々。
土地によって主要となる構造が違うけど、その特色にそった展示も多く見られた。

木や竹の構造あり。

a0224382_22542484.jpg

土?泥? あり。  個人的には↓こういうのは大変興味深い。

a0224382_22551786.jpg

a0224382_22544332.jpg

a0224382_22545204.jpg

中は数人座れるようにベンチ状になってるの。

a0224382_22553287.jpg

a0224382_22550051.jpg

庭にこういう茶室があっても楽しいだろーなー。 
家よりこっちにいる時間が長かったりしそう。
虫や動物の巣のようでもあり、人間にしてみれば原点回帰のようでもあり。


今日はここまでにしておこう。

ジャルディーニ会場、続きます。


















# by eggshell0125 | 2017-02-28 00:20 | 日々のいろいろ | Comments(4)

スノードロップ

日差しが強くなってきたり、先週には雨も降ったりで、根雪が大分融けてきたこの頃。
庭に出ることもなく、部屋から眺めるだけだったけど、ちょこっと庭に出てみたら・・・

a0224382_21182625.jpg

コンコルディア(イギリスナラ)の根元でスノードロップが咲き始めていました。
なんてかわいいの〜♪


雪に埋もれていた畑も姿を現していましたよ。
まだ地面は凍結しているのに、放置したままのビーツが元気だったことに驚く。

a0224382_21324906.jpg


当然枯れているとばかり思っていたセロリからも青々とした葉が出てる!!

a0224382_21321206.jpg


毎年かわいい芽吹きを見せてくれるルバーブも準備万端のよう。

a0224382_21323432.jpg


春はすぐそこまで来ているのですね〜。


# by eggshell0125 | 2017-02-26 22:10 | 日々のいろいろ | Comments(4)

旅の諸々−13

久々に続きを・・・というか、そろそろまとめちゃわないとね。
帰ってきてから2ヶ月も経ってしまったよ。

11/9朝。

a0224382_00472579.jpg

朝焼けを眺めてから朝食。
ヴェネツィアビエンナーレのジャルディーニ会場は10時からだから、
その前にリアルト市場へ行こうという目論み♪

出発しまーす。

a0224382_00473330.jpg

ドゥカーレ宮殿の回廊まで来ると・・・!!

a0224382_00474089.jpg

わっ。 この時期に見られる現象のアクアアルタ(aqua alta)だ。
潮位が高くなっているから、浸水の間歩行者が通行する為のギャングウェイ(gangway)が並べられてる。

a0224382_00474631.jpg

サンマルコ寺院が水面に映って綺麗〜。
早朝で人も少なくて、それがまたいい。

a0224382_00475586.jpg

ねーーー。 水浸し(笑)

a0224382_00480210.jpg

そりゃ Aちゃんも はしゃぎますわ。

a0224382_00481150.jpg

暫しアクアアルタを堪能してからリアルト市場へ。

a0224382_01033243.jpg

リアルト市場は魚市場。

a0224382_01012165.jpg

a0224382_01014638.jpg

a0224382_01011509.jpg

a0224382_01013729.jpg

初日に食べたソフトシェルクラブもいたよー。

a0224382_01024359.jpg

お魚いっぱいとあって、カモメもあちこちで狙ってます。

a0224382_01032418.jpg

もちろんお野菜や果物もある。

a0224382_01023392.jpg

見事なフィノッキオ。 これでリゾット作りたーぃ。

a0224382_01022618.jpg

きのこもいっぱいでちょっと興奮。

a0224382_01010971.jpg

a0224382_01031716.jpg

a0224382_01025180.jpg

a0224382_01030971.jpg

ホテルのお部屋にキッチンがあったらなぁ〜なんて思いながら買いたい衝動を抑える。
その分!? お土産にドライのポルチーニとトマトを沢山購入。

さ、一旦ホテルに戻って本題のビエンナーレに向います。

続く。



# by eggshell0125 | 2017-02-20 01:34 | 日々のいろいろ | Comments(2)