旅の諸々−10

11/8 のつづき。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ島から戻った私達が目指したのは ・・・
【 Fondazione Querini Stampalia 】クエリーニスタンパーリア財団。
カルロ・スカルパが1階の美術館と中庭の改修を行っています。
↓この木製の橋も彼の設計によるもの。

a0224382_1113916.jpg

でも、この橋が入口じゃなかったの。
建物の周りをうろうろしたりしてようやくわかったのが↓こちらの石の橋の入口。
木の橋川の看板に、こちらに廻り込む事がちゃんと書いてあったのでしたー。
サンタ・マリア・フォルモーザ広場に用水路を挟んで隣接しています。

a0224382_1114258.jpg

2015年の建築士の会報表紙がカルロ・スカルパ特集で、ずっと楽しみに読んでいたので
ヴェネツィアで彼の作品を体感するのが待ち遠しかった私。

a0224382_1114480.jpg

入場料の他に撮影料を支払って入ります。
払えば撮影できるんだもの、撮影禁止でなくて良かった。

ん?この段差? と思うでしょ。

a0224382_1123974.jpg

アーチをくぐると舟着き場があって、運河に連続しているのです。
深縁は高潮対策なのでした。

a0224382_1124121.jpg

既存の煉瓦壁のむき出し加減と床仕上げの色のバランスがいい。

a0224382_1124394.jpg

↑4色の石がモザイク状に敷かれた床も、空間分けに効果的に使われていた。
それよりなにより、階段にしても何にしても納まりが美しすぎる。
ディティールの美術館の中にいるような気分。

a0224382_1124569.jpg

石の配置に目線の高さで通ったスチールのライン、コンクリートとのバランス、手すり、
つまみ、照明器具…なるほど、実際空間に身を置くと、読んで知っている以上に
「ディティールの作家」と呼ばれるカルロ・スカルパのその工芸品のような細部設計が
実感できます。

a0224382_1124946.jpg

凝りに凝っているのに、全然うるさくない不思議さ。

a0224382_1125121.jpg

庭園へ出まーす。

a0224382_1125422.jpg


a0224382_113244.jpg

このコンクリート壁、1枚に見えるでしょ? ↓下の写真のようにズレているんですよ。
テラスとの空間分けをしつつ、連続性も持たせている。

a0224382_113453.jpg

踏み石もリズミカル。 見る方向によって↑↓面白さが違ってくるのも魅力的。

a0224382_113030.jpg

排水溝にまで凝ってる!! 脱帽です。。。

a0224382_1131898.jpg

こんなにいろいろ工夫を凝らしているのにやっぱり全然うるさくない。
むしろ静寂ささえ感じる凄さ。

a0224382_1132182.jpg

また室内に戻ります。 展示室間のドア。 

a0224382_1132384.jpg

裏から見るとこんな感じ。
石のドアだけあってしっかりしたヒンジ。 でもシンプルできれい。

a0224382_1141726.jpg

開けたところ。

a0224382_1141991.jpg

↑この赤いスタッコ仕上げの天井は所々で見かけたな。 何か意味があるのだろうか。

a0224382_114212.jpg

3階の天井も赤いスタッコ仕上げ。 壁の色と照明器具のデザインとのバランスの妙。 芸術だ。

a0224382_114298.jpg

階段も1階から登る部分だけ改修してた。

a0224382_1142423.jpg

クラフツマンスタイルっぽーーぃ。 因に改修前は↓こんな感じ。
改修前の階段を壊すことなく利用し、技巧的な仕上がりに。

a0224382_1142677.jpg

これから巡るいくつかのスカルパの作品への期待が膨らみます。

クエリーニスタンパーリア財団って、16世紀頃に、クエリーニさんとスタンパーリアさんの
2人の貴族が作ったお店が起源なんですって。
頭を切り替えて3階の美術館も見よう。

a0224382_1143181.jpg

a0224382_1143491.jpg

a0224382_1143784.jpg

a0224382_1143998.jpg

a0224382_1144140.jpg

a0224382_1144345.jpg

見た。

見たらお腹がすいたねーってことで、1階のカフェで小腹を満たすことに。

a0224382_1145545.jpg

へっへっへー、何にしよう。

a0224382_1145767.jpg

手前が私のセレクト。 パクパク食べる。

開館時間に合わせて入ったので、終始空いた環境で見ることが出来ました。
食べている頃には学生でいっぱい。 ほっ。

そして次に移動だぁー。

続く。



# by eggshell0125 | 2017-01-09 22:53 | 日々のいろいろ | Comments(0)

旅の諸々−9

11/8 ヴェネツィア3日目です。
お部屋からの眺め↓はこの日も最高!!

a0224382_163443.jpg

さて、先ずは一番乗りで鐘楼からヴェネツィアの眺めを堪能しよう!!ってことで、
候補にあがったのが「サンマルコ寺院の鐘楼」と「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の鐘楼」。
サンマルコ寺院の人混みは避けたいので、対岸のサン・ジョルジョ・マッジョーレ島に向かいます。

a0224382_163683.jpg

海からの眺めもいいわぁ~。

a0224382_163829.jpg

↓サン・ジョルジョ・マッジョーレ島へは水上バス1区間で到着。 早っ。 この鐘楼に昇りますよー。

a0224382_164025.jpg

知ってはいても、この海面すれすれ状態っていつも新鮮に感じてしまうー。
海との距離、近すぎますよね。

a0224382_164267.jpg

海から全景を眺めておいて良かった。
近くからでは写真撮るのも大変です。

a0224382_164454.jpg

教会内部(無料)に入ります。
ベージュと白が基本のやわらかな雰囲気で、フレスコ画などの天井画もなくシンプルで好みだわ♪

a0224382_164665.jpg

左右対称の配置は当然だけどバランスがいいですね。

a0224382_164887.jpg

いろんな文字からなる手のオブジェもこの空間に違和感なく納まってる。

a0224382_16502.jpg

所々に配されている絵画も引き立っていて、この教会、いい。

a0224382_165327.jpg

お口をポカ~ンと開けながら(笑) 教会内部をぐるりと見学。

a0224382_165767.jpg

そしていよいよ鐘楼(有料)にのぼります!!
階段のぼる意欲満々だった私。
でもね、あったんですよ、エレベーターが♪
そりゃもぅ ねー、 エレベーターでしょ。 しかも私達一番乗りよ♪

a0224382_165963.jpg

上ではこんな景色が待っていました。
2人でキャーキャー言いながら360度のパノラマを堪能。

a0224382_191517.jpg

良く手入れされたお庭も見える。

a0224382_19204.jpg

行く予定の↓プンタ・デッラ・ドガーナも見える。

a0224382_1102965.jpg

あとで知ったのですが、サンマルコの鐘楼は金網が張られていてこういう眺めとはいかないみたい。
この選択、大正解でした。

a0224382_1104686.jpg

煉瓦色の街並みって綺麗ね。

a0224382_1104834.jpg

と、頭上で大音響の鐘の音が!!!

a0224382_1105083.jpg

びっくりしたーーー。 9時を知らせる鐘の音。 間近で洗礼を受けたかのような気分(笑)
でも、鐘楼にいる間、ずっと2人で楽しめたから許す(上から目線!?)。
綺麗な景色を見ると、心にも余裕が生まれるね。 

さて、そろそろこの島ともお別れ。 サンザッカーリアの水上バス停留所に戻ります。

a0224382_1105312.jpg


・・・あれ? 方向が違う! 反対方向行きの水上バスに乗っちゃった(笑)

a0224382_1105613.jpg

失敗も時にはいいもので、すぐお隣の島のジュデッカ島に上陸。
次の水上バスが来るまでのつかの間の散策でしたが、楽しむことができましたよ。

a0224382_1105876.jpg

ジュデッカ島、今は高級住宅街なんですって。

a0224382_11114.jpg

そろそろ水上バスが来るかな?

a0224382_111480.jpg

サンマルコ広場とドゥカーレ宮殿を海面から見るのもいいなぁ~

a0224382_120501.jpg

次は何処へ!?  

・・・続きます。



# by eggshell0125 | 2017-01-06 17:46 | 日々のいろいろ | Comments(0)

BUNDAN ORIGINAL COFFEE

ちょっと前のこと。

Aちゃんから、「Eちゃん、学生の時、寺山修司にハマってたよね。」と、
BUNDAN ORIGINAL COFFEEの【寺山】をいただいた。

a0224382_22371999.jpg

そういえば、仲良しのMちゃんの影響で寺山修司の映画や本や舞台を見ていた頃があったなー。
それまで全く文学に縁のなかった私には、Mちゃんの発する的を得た言葉や表現が胸に響いてきて、
そんな彼女の嗜好する作家に興味があって、理解したくて触れていただけなのですが(笑)
はい、基礎のない私は映画も本も舞台も決まって途中で睡魔に襲われておりました。。。

その頃の私を覚えていてくれたAちゃん。
一気に懐かしい頃に引き戻されて、多感だったあの頃の事を思い出させてもらいました。

a0224382_22374150.jpg

丁度時を同じくしてMちゃんからも金沢のお菓子が送られてきて・・・不思議な気分。
茶菓工房たろうの『はなことたろう』は抹茶カステラとカカオチョコようかんが重なったお菓子。
あっさりした美味しさの【寺山】とよく合います。

a0224382_22372987.jpg

2人の仲良しからの贈り物。
幸せだなーとしみじみ。

a0224382_22363364.jpg

まだ地面が凍結していない ちょっと前の事でした。

a0224382_22314873.jpg

旅の諸々シリーズが終わらないので、初冬の頃の事もアップできないままです。
こののろまな性格、なんとかならないものだろうか。。。。

a0224382_22364975.jpg






# by eggshell0125 | 2017-01-03 23:14 | 日々のいろいろ | Comments(4)

Bonne année 2017!!



a0224382_02215414.jpg

Bonne année 2017 !!

皆様が笑顔で溢れる1年でありますように。

コーケコッコーッ♪
恒例の干支パンは(ちょっと失敗した)鳥パン。
黄身餡が入っています。
(かわいくないけど)味は美味しいです。(シクシク)
出だしがこんなんでいいのだろうか。。。

今年も宜しくお願い致します。

# by eggshell0125 | 2017-01-01 00:01 | 日々のいろいろ | Comments(8)

さよなら 申年

今年もあと僅かとなりましたね。

a0224382_02221404.jpg

毎年、会社に立ち寄られるだるま屋さんが、その年のミニ干支だるまを
置いて行ってくださいます。
「おさるさんだるま」は柊の上で撮影。 
よく見てみて! 胴体部分にバナナの木とバナナが描いてあるのー。

今年も私のマイペースなブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
まだ11月の旅行のアップ中で、それ以降の出来事もアップできていないまま
新しい年を迎えそうですが、それもまた私らしいってことで(笑)

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

# by eggshell0125 | 2016-12-31 18:00 | 日々のいろいろ | Comments(2)