お庭仕事始動

先日の3連休、今年初のお庭仕事をしました。

先ずは落ち葉の片付けと霜で浮き上がってしまった苗の再植え付け。

まだまだ朝は氷点下の日があるし、霜も降りるし、昨日なんて雪も降ったけど、
日中の温かさのおかげかもうすっかり春の気分。

我が家のクリスマスローズの中でも一番の古株さんは今年も沢山の
蕾を付けています。

a0224382_21183624.jpg

30個近くありましたよ。

a0224382_21184828.jpg

あ、クリスマスローズ、1輪咲いてる♪

もう少し遅くに咲くと思っていたハナニラも1輪だけ狂い咲き!?

a0224382_21175985.jpg

お庭で一番早く咲いたスノードロップはもうそろそろ終わりかな。

a0224382_21175052.jpg

お手入れしていると、遠目からでは気づかないものを発見したりもする。

a0224382_21180919.jpg

ん? 手前で何か動いてる。

a0224382_21181635.jpg

トンボだ。 寒くて動けないでいるみたい。
日向に保護してまた作業に戻る。

a0224382_21191122.jpg

やはりこの時期は球根類の芽吹きが目立ちますね。 原種のチューリップ。

a0224382_21192440.jpg

これも原種チューリップ。

a0224382_21193089.jpg

これも。 原種は小さめだから、それが好きなのかな。 原種多め。

そそ、家の中で水耕栽培で楽しんだヒヤシンスを土におろすと、みんな
↓こんな感じに貧相になっちゃう。

a0224382_21193863.jpg

お花が数輪しか咲かないの。
ヒヤシンスじゃないみたいな見た目(笑)
今年は何輪咲くのかなー。

水仙も沢山出てきた!!
a0224382_21190535.jpg

水仙の周りにはわすれな草(JPN&AK)の葉がぎっしり。
去年の倍くらい出ているみたい。
楽しみだなー。

a0224382_21185705.jpg

プチロックガーデンも賑わい始めました。
これから毎週末毎に新しい発見が待っているのでしょうね。

そそ、落ち葉は大きなゴミ袋にギュウギュウに詰めて3袋もありました。

頑張り過ぎた為か今日は花粉症絶好調!!! アレルギー性喘息まで発症。。。とほほ。
喘息は早いうちに終息させるよ。





# by eggshell0125 | 2017-03-22 21:37 | 日々のいろいろ | Comments(2)

ルタバガ Rutabagas


産直で ルタバガ が売られていた。
すっごく久しぶりに見たので、ついつい買ってしまった。。。


a0224382_21155546.jpg

ルタバガ Rutabagas は西洋カブとかスウェーデンカブとか呼ばれてます。
熱を通すとほっくりとしてちょっぴりじゃがいものような感じもします。

拳2つくらいの大きさだから、半分を牛肉の赤ワイン煮に入れてみた。
全粒粉のクスクスと共にいただきました~。 うん、美味しい。

a0224382_21161764.jpg

残りの半分。
じゃがいもみたいだから…ニョッキを作ってみよう!!と、じゃが&ルタバガ半々で
作ってみたら意外にイケてました。
が、ソースの見た目があまりにも宜しくなく(笑)写真なし。
あしからず。










# by eggshell0125 | 2017-03-21 12:05 | 日々のいろいろ | Comments(0)

レモンクリームパスタ

1月末に鎌倉に行った際、北鎌倉のタケルクインディッチでいただいた
レモンクリームパスタが衝撃的に美味しかったものだから、帰ってきて
何回か作ってみた。
誰か、いいレシピ知ってます?
クックパッドなど見たけれどこれって言うレシピがなくて、毎回適当
なアレンジ。

a0224382_21153249.jpg

凝固させない為にはやっぱりタンパク質の入っていない生クリームを使うのがいいのね。

豆乳を使っても

a0224382_21152591.jpg

牛乳を使っても

a0224382_21154199.jpg

少し凝固する。

レモンクリームパスタ成功への道はつづく。。。



# by eggshell0125 | 2017-03-20 21:47 | 日々のいろいろ | Comments(0)

旅の諸々−21


すっごく欲張りな(笑)私達。
ニュージーランドの展示場から程近いサン・マルコ広場に移動。

サン・マルコ広場に面して取り巻いているアーケードの一角に目的の場所があります。

カルロ・スカルパ設計の【オリヴェッティ・ショールーム】

a0224382_17131421.jpg

a0224382_17130568.jpg

オリベッティショールームとは言っても、オリベッティ社の手を離れてしまっていますが、
現在はFAI(文化財保護活動のイタリア民間ボランティア団体)によって管理・運営され、
一般公開されてます。
オリベッティの協力もあって、当時のタイプライターなどの展示もされているのですよ。

a0224382_17132242.jpg

もうね、玄関からスカルパだ。 照明のデザイン、好き好き。

a0224382_17133018.jpg

入ります。

a0224382_17133902.jpg

入った途端に心を奪われる。
床のモザイクタイルがかわいすぎ!!

a0224382_17143837.jpg

色の発色効果を狙ってか、使うガラスモザイクの大きさが色によってかえてある。

a0224382_17144828.jpg

うーん、どの組み合わせも素敵。

a0224382_17145940.jpg

玄関を入って床に注目しちゃいましたが、目線を前に向けると中心に芸術作品のような階段が。

a0224382_17135848.jpg

吹き抜け部分と天井の高さのバランスも仕上げのバランスも溜め息が出る。

a0224382_17141340.jpg

a0224382_17140774.jpg

階段を上がったホール

a0224382_17150523.jpg

振り返ると 階段を挟んで両側に通路。

a0224382_17151650.jpg

左側を進むと

a0224382_17155467.jpg

小部屋とその奥に事務室。

a0224382_17154373.jpg

右側。 タイプライターのテーブルもいい。 通路の奥には・・・

a0224382_17153424.jpg

技巧的な窓。 格子部分は引込み戸になってます。

a0224382_17162709.jpg

スチールテープの編み込みのスクリーンはスカルパの定番だけど、この格子の
デザインはそれに似ている。

a0224382_17163831.jpg

技巧的なディティールは床、壁、天井、建具や端の納まりや金具等々、
細部に至るまで凝らされており、さながらスカルパのディティール集の
ようでした。

a0224382_17165272.jpg

a0224382_17165959.jpg

a0224382_17171141.jpg

いたるところに目を惹かれます。

a0224382_17172291.jpg

a0224382_17173037.jpg

a0224382_17173609.jpg

こんなに小さな空間なのに、見所いっぱい詰まっていて気持ちも高揚。

a0224382_17142459.jpg

手前水盤と吐水口。 エントランス照明と同じデザインが彫り込まれてる。
どこもかしこも手を抜くこと無しにデザインされているのに、これだけ詰め込まれて
いても全く嫌みがないのは彼の作品に共通して思うことだった。

a0224382_17164219.jpg

旅の最後にご褒美をいただいた気分。

さ、ホテルに帰るよ。
荷物を持って目の前の水上バス乗り場へ。
Aちゃんのホテルの選択、最高!! 動線バッチリよ♪

a0224382_17175299.jpg

水上バスでマルコポーロ空港へ。

朝もしっかり食べたけど↓

a0224382_17180368.jpg

空港についたらお腹ペコペーコ。
私はこちらをセレクト↓

a0224382_17181248.jpg

Aちゃんはこちら↓でお腹を満たす。

a0224382_17181508.jpg

ふぅ〜、落ち着いた。
出発までちょっとのんびりしてから搭乗。
さよなら。 ヴェネツィア。 また来たいなぁ。

a0224382_17182443.jpg

a0224382_17182844.jpg

ドーハのハマド空港経由で帰ります。
帰りもドーハまでで2本。 成田までで3本の映画を観たよ。
行きと帰りで10本(笑) 満足ー。

a0224382_17183435.jpg

旅の諸々、これにて終了。












# by eggshell0125 | 2017-03-20 20:50 | 日々のいろいろ | Comments(2)

旅の諸々−20

ヴェネツィアビエンナーレの会場は、アルセナーレとジャルディーニのような大きな会場
の他にも、ヴェネツィアの至る所に点在しているのです。
空港に向う水上バス出発までの限られた時間だけど、ギリギリまで巡ります!!

先ず、アルセナーレ会場の近くにあるバルト三国の展示。

a0224382_17094414.jpg

この奥?

a0224382_17095192.jpg

a0224382_17095937.jpg

バルト三国の展示は体育館の階段室(踊り場やホール)で。

a0224382_17100965.jpg

a0224382_17103155.jpg

展示空間が暗かったせいか、気持ちにずーんと重さを感じてしまう。。。

a0224382_17101832.jpg

ここ来たのは、Aちゃんの目的の展示があったからなのでした。

a0224382_17103992.jpg

2016年10月にオープンした【エストニア国立博物館】の模型。

a0224382_17105574.jpg

日本人の田根剛さんが携わっていて、Aちゃんは田根氏の講演を聴いていたのだそう。
10年前のコンペから2016年の完成まで長い年月がかかっているのですね。

a0224382_17104723.jpg

バルト三国…、知っていることなんてこれっぽっちもないけれど、そう聞くと、行って見たくなるなぁ。


さて、次の展示に移動します。
私達の泊まっているホテルの近くにニュージーランドの展示があるらしい。

a0224382_17111031.jpg

看板が出ていたからね。
ホントに辿り着くのだろうか…的な路地を進んだらあった。 ありました。

a0224382_17112149.jpg

ここでは楽し気なインスタレーションに気持ちが軽くなった。

a0224382_17112770.jpg

切り出された土地が浮遊し、そこの建築物の模型がのっている。

a0224382_17113412.jpg

a0224382_17114289.jpg

a0224382_17114994.jpg

見ていて素直に楽しい。

a0224382_17115739.jpg

1階にあった書籍売り場の本に同じ建築物の竣工写真が。

a0224382_17120794.jpg

全てかどうかは解らないけれど、実在する建築物の模型なのですね。

a0224382_17121752.jpg

上過ぎてみられない模型もあったけど(笑) ご愛嬌ね。

窓から見た向かいの窓。 よく見かけたガラス。

a0224382_17123550.jpg

会場入口で2手に別れていた階段。 無理矢理感があるけど好き。

a0224382_17124257.jpg

改修していくとこんなことも有り得るんだねー。

さて、まだ少し時間がある!!!!!
私的には一番楽しみにしていた場所に行くよー♪

続きます。








# by eggshell0125 | 2017-03-20 19:00 | 日々のいろいろ | Comments(0)