趣味の陶芸。
ガラッと変わった作品にしたいと思いながら・・・結局同じ路線になってしまったよ。

来年はちゃんと計画して、新しい形に挑戦しようっと。

2017年後期の作品。

【鉢3種】

a0224382_23150800.jpg

ちょうどAっちゃんからお豆とカルパのパンをいただいたので、一緒に撮ってみた♪

a0224382_23145572.jpg
鉢(小) 半磁・白萩 115φ H68

a0224382_23144111.jpg
鉢(中) 半磁・白萩 155φ H65

a0224382_23141272.jpg
鉢(大) 半磁・白萩 180φ H63

a0224382_23135621.jpg
一応重ねて収納可能。

a0224382_23142741.jpg
小と中は縁が反り返ったデザインに。


【鉢】

a0224382_23131965.jpg
鉢 半磁・白萩 170φ H82
左上のところ。 素焼きでは割れてなかったのに、釉をかけて焼いたら割れちゃった。
かろうじてくっついている感じ。

a0224382_23134286.jpg
横から見ると なんか野暮ったい。

a0224382_23130259.jpg
前回作った形↑(左)の方が好みだなー。

そして、どれもが若干重さが気になる。
削りをきちんとしないとこういう結果になるんだなぁ〜と、毎度ながら反省。


【平皿3種4枚】

a0224382_23124254.jpg
平皿(長方形1) 白細土・透明 127×385 H15 2枚

a0224382_23121999.jpg
ボール部分は赤土とのマーブルになってます。

a0224382_23120311.jpg
平皿(長方形2) 白細土・透明 140×256 H15
平皿(卵形)   白細土・透明 185×270 H15

以上、記録まで。




by eggshell0125 | 2017-12-12 00:15 | 陶芸 | Comments(0)

陶芸作品

ここ数年陶芸作品のアップをしていなかったような・・・
陶芸、以前よりペースは落ちたものの、続けてはいるのです。
久々にアップしよう。
今年の4月からの作品。

a0224382_05443341.jpg
鉢2種  左:160φ H85  右:170φ H70


a0224382_05445736.jpg
ラインシリーズ  左:110φ H70   中:155φ H70   右:90φ H95


a0224382_05451913.jpg
ケーキ皿:約300φ H20
手持ちのケーキドームに合うシンプルなケーキスタンドを作るつもりが
皿を作る時点で失敗して急遽アレンジ。 で、この有様(笑)

a0224382_05453363.jpg

でも、使えなくもない。


a0224382_05454910.jpg
平皿:315×190 H15

a0224382_05455967.jpg

釉薬かける前に気がつけば良かったんだけど濃度が濃くて厚くついた為に
焼成時に釉縮みを起こしてしまった残念な作品。
先生は「全体に均一に縮んでいるから狙ったかのようよ」と言ってくださったけれど
つるんと綺麗な表面を思い描いていた為納得できず。。。(笑)

a0224382_05461196.jpg

ボコボコなお肌のお皿になりました。
ころころボールはいい感じに模様が出たかな。

以上。 少なっ。







by eggshell0125 | 2017-08-03 00:27 | 陶芸 | Comments(6)

後期に教室で作った作品。
なかなか集中できなくて、つぶしてばかりの今期でしたが、
最後の2回だけ切羽詰まったのか集中できて、これだけ作りました。
全て釉薬は うずら釉 焼成は 酸化 です。

【卵皿】大:290×220 H20 , 中:265×200 H15 , 小:235×170 H13
a0224382_1185192.jpg

自作のフェルトのペーパーウェイトをのせてみました。
a0224382_1184891.jpg

前回よりも形を改良しているのです。 より卵な形に。
a0224382_118159.jpg

大・中は1枚、小皿は3枚。
a0224382_118415.jpg

a0224382_118960.jpg



【キャセロール鉢】φ200 H56 , φ190 H58
a0224382_1183988.jpg

こちらにはそら豆ペーパーウェイトを。
a0224382_1183736.jpg

前回よりも軽くていい感じの仕上がり。
a0224382_1184490.jpg

2つはスタッキングできます。
a0224382_1183478.jpg

どちらか1つはもらわれて行く予定。
喜んでもらえるといいなっ♪


以上。 記録まで。
by eggshell0125 | 2013-12-03 01:36 | 陶芸 | Comments(8)

久々の作品 2013前期

陶芸教室で気ままに作りました。
久しぶりなこともあって、リハビリ的な作品。
全体的に削りがあまい。。。 後期はもっと丁寧に作りましょう。


【たまご皿3種】
HNがeggだのeggshellだのだけに(笑)お決まりのフォルム。
今回はお皿を作ってみました。
a0224382_1942550.jpg

a0224382_19414914.jpg

大:245×300 中:210×260 小:175×215 うずら釉


【キャセロール鉢】
きのこのキャセロール用に作ってみた鉢。
形は理想的なんだけど、ちと重かった。 も1回作ろっと。
a0224382_19411076.jpg

a0224382_19405052.jpg

φ195 H67 うずら釉


【浅鉢2種】
a0224382_19415100.jpg

a0224382_194122.jpg

a0224382_1941349.jpg

左:φ192 H53 右:φ165 H47 わら白釉


【モダン鉢3種】
全部若干形が歪。
a0224382_1941257.jpg

a0224382_19405917.jpg

手前:φ155 H62 中:φ155 H60 奥:φ150 H67 わら白釉


以上、記録まで。
by eggshell0125 | 2013-08-03 20:02 | 陶芸 | Comments(12)

小野窯始動

陶芸好きの仲間と作陶し始めて何年になるだろう。。。
今年は今日から始動です!
a0224382_153974.jpg

道中、久々に見るお馴染みの景色をゆっくり堪能しながら向かいます。
諏訪の平、左には八ヶ岳連峰、右には南アルプス連峰。
a0224382_1533391.jpg

しだれ栗もいつもの様相。
a0224382_1532966.jpg

いちいち車を止めて降りて眺めて・・・いつもの倍の時間がかかりますね。
a0224382_1533893.jpg

小野窯ではおそうじで満足してしまって(笑)結局土に触れることなく隣の鶯館でお茶。
久しぶりに顔をあわせたので、いろいろ話しが盛り上がるのです。

鶯館はいつも季節の花でお迎えしてくれます。
a0224382_1531471.jpg

a0224382_1532461.jpg

そそ、このテーブル、土蔵の戸2種をリサイクルできないかとのご要望で
私が設計したテーブル2種です。
a0224382_1531981.jpg

格子を利用して、ちょっとしたディスプレイができるようになってます。
a0224382_1532860.jpg

古民家の空間に合わせたデザイン。

お茶兼近況報告会も終わり帰途へ。
帰りもいつもの倍の時間をかけて。
a0224382_1534380.jpg

そうさせる景色や自然がそこにあるから仕方がありませんよね。
a0224382_1532392.jpg


そして、いつも遭遇する場所でいつものお方に会いましたよ。
ほら、こっちを見てる。
a0224382_1534974.jpg

カモシカ。
ウシ科だから、「モォ〜♪」って声をかけてみたけど、無視された。
a0224382_1534540.jpg

無視して行ってしまった。。。
a0224382_1534741.jpg

いつか振り向かせたいと思います。
by eggshell0125 | 2013-05-13 23:52 | 陶芸 | Comments(8)

古見窯でやきもの体験

九十九庵での食事会の時、焼物体験のご案内をいただいて、
「マグカップ2個」という内容と「軽食付き」で即決。
いよいよその日がやってまいりました。
a0224382_21583469.jpg

前日舞った雪がうっすらと残る朝日村。
鳥のさえずりや、凛とした空気が気持ちいい〜。
a0224382_21582916.jpg

九十九庵と同敷地に古見窯はあります。
佇まいも趣きがあっていいでしょ。
a0224382_21582510.jpg

先生のわかり易い指導で、マグカップ2種を制作。
電動ロクロを使わなくてもできちゃうの。
これは応用できる!!って感じの方法で、今までマグカップを
作らなかった私の創作意欲が沸々と沸き上がってます!
来春からの陶芸まで時間がたっぷりあるから、いくつか案を
練ってみようかな。 なんだかワクワクする。
a0224382_21582110.jpg

今回の陶芸体験教室、講師料+材料費+焼成代+軽食+デザートで¥4,500-。
陶芸体験教室の内容を考えると、軽食はサンドウィッチにスープかな?
なんて想像していたのですが・・・内容に、もぅ〜 びっくり。
a0224382_215817100.jpg

おこわに茶碗蒸しに・・
a0224382_2158752.jpg

御浸しに蕪の浅漬けに・・
a0224382_2158329.jpg

大根と牛筋、エリンギ、セリのたきもの。柚子添え。
a0224382_21575666.jpg

信州りんご
a0224382_2156939.jpg

そして先生お手製のスフレチーズケーキと珈琲。
a0224382_21561295.jpg

これって軽食じゃないでしょ? そうでしょ?
お腹いっぱい胸いっぱいで、昼食も陶芸体験も大満足。
気持ちが豊かになるいい1日でした。
by eggshell0125 | 2012-12-02 23:49 | 陶芸 | Comments(4)

今年初の作品

もう1ヶ月も前に焼き上がっていたのですが、今頃アップ。

時間をつくっては小野の窯に通うものの、土を練るだけで終わりにしたり、
轆轤で立ち上げてはつぶし立ち上げてはつぶす繰り返し。
作るものが明確にイメージできていないと、それが現れてしまって、
結局気に入らなくてつぶしてしまいます。
そんな訳で、今回の作品は極少量。
しかも、轆轤をまわした作品は1つ。
あとはタタラです。


【角皿】
a0224382_12153142.jpg


a0224382_12152892.jpg

215×215□ H25 半磁土 わら白釉



【中鉢】
a0224382_12152495.jpg


a0224382_12152074.jpg

175φ H64 半磁土 わら白釉



【豆皿ー白】
a0224382_12151646.jpg

78ー105φ H35 混合白土 白鳳マット釉



【豆皿ー黒】
a0224382_12144394.jpg

78ー105φ H35 混合土 黒マット釉


以上、記録まで。
by eggshell0125 | 2012-08-18 12:31 | 陶芸 | Comments(2)

2011後期 の 陶芸作品

2011年後期はなんだかんだで忙しく、小野の窯には1回も通えず、小野の作品はなし。
ということで、陶芸教室での作品の一部をアップします。

【平皿方形】 205×330 H15 白細土+赤細土少々 透明釉 酸化焼成
       久々にこのシリーズを作りました。今回は真っ平らなお皿。
       チーズやお菓子に合うお皿のイメージ。
a0224382_939463.jpg

a0224382_939218.jpg

a0224382_9385988.jpg


【平皿円形】 255φ H15 白細土+赤細土少々 透明釉 酸化焼成
       こちらも真っ平らなお皿。思ったよりも歪まずに平らにできました。
a0224382_9385660.jpg

a0224382_9385331.jpg

a0224382_9385283.jpg


【片口2種】 大:153φ H70 白細土 わら白釉 酸化焼成
       小:130φ H55 白細土 わら白釉 酸化焼成
       大と小は形が若干違いますが、重ねてみるとうまいこと納まる。
a0224382_9383229.jpg

a0224382_9382969.jpg

a0224382_9382669.jpg


【平皿2種】 正方形:260×260 H25 白細土 うずら釉 酸化焼成 2枚
       長方形:115×260 H20 白細土 うずら釉 酸化焼成
a0224382_9382044.jpg


【たまご合子】 奥:80φ H95 白細土 うずら釉 酸化焼成 
        手前は以前作ったもの。何も意識しなくて作ったのですが、
        出来上がってみたら笑っちゃうくらい酷似していました。
a0224382_938314.jpg

a0224382_938187.jpg


以上、記録まで。
by eggshell0125 | 2012-01-03 10:22 | 陶芸 | Comments(6)

小野窯

今年は何かと忙しく、小野の窯には1回行ったきり。
だから作品が少ないっ。
しかも、轆轤は使わず、たたら作りの皿ばかりです。

a0224382_2041443.jpg

四角皿 W210×D210×H20 信楽白土 透明釉 還元焼成


a0224382_2041691.jpg

長方皿 W330×D205×H30 半磁土 酸化青磁釉 酸化焼成


a0224382_2041830.jpg

丸皿 φ250 H30 半磁土 酸化青磁釉 酸化焼成


以上、記録まで。
by eggshell0125 | 2011-11-20 21:05 | 陶芸 | Comments(2)

コケゾウくん納品

この時から変化し続け、今では雑貨屋さんに並ぶようになったコケゾウくん。
本当はこんな感じで苔を植えるからコケゾウくんなのですが、いい状態を保たせるのも大変なので、
今は羊毛を載せた似非コケゾウに変化しています。

小野の窯で今年前半に作れたコケゾウは13個と極僅か。
それでも待っていてくださるお客様がいらっしゃるということなので、納品してきました。
a0224382_174107.jpg

a0224382_17411146.jpg

a0224382_17404874.jpg

a0224382_1741475.jpg

a0224382_17403838.jpg

全て透明釉で還元焼成。
土の色によってグレーの濃淡が違います。
by eggshell0125 | 2011-08-15 17:47 | 陶芸 | Comments(4)