匂蕃茉莉

年末から咲き始め、元旦に満開だった匂蕃茉莉が終盤を迎えています。

a0224382_21101123.jpg

左がmomoさんから頂いた子(親)。
真ん中はそれから株分けした子(子供)。
そして右は昨年末に株分けした子(孫)。
というわけで、3鉢が元気で仲良く勢揃い♪

親と子供は剪定したので同じような大きさになってます(笑)
剪定と言えば…夏を過ぎるまでずっと家の中で育てていたら、どうも元気がない様子だったので、
夏の終わり頃になってようやく外に出してあげたんです。
そしたら途端に元気になっちゃって、枝もニョコニョキ伸びてきて…うん、これは外の環境の方が
合っているってことかな?と、調子に乗って晩秋まで…いや、初冬まで外に放置していたら
今度はその寒さに耐えられず葉が全て黄色に!!
そりゃそーだよね、信州の初冬は霜も降りれば朝方の気温はマイナスにもなるんだもの。
ひゃぁ~ ゴメン ゴメン と、適当に剪定して株分けして土も入れ替えてから暖房のきいた室内に
保護しました。
後に調べてわかったのですが、剪定も株分け・植え替えも適当な時期ではなかったみたい。
そんなこんなで過酷な状況にさらされたばかりでなく、切られたり植え替えられたりと散々な目に
あった匂蕃茉莉さん達でしたが、黄色くなった葉が一気に落ちたかと思うと・・・
すぐに新しい葉が出てきて♪ 蕾までつけて♪ 保護した1ヶ月半後には写真のような状態に♪

私の勝手気ままさに適応してくれるいい子に育ってます。
室内環境のせいか、年に3回咲いてくれるのも嬉しい。

こんなにかわいいのに、この子ったら木全体に神経毒の成分を含んでいるんですって。



by eggshell0125 | 2018-01-05 12:48 | 日々のいろいろ | Comments(0)