旅の諸々−11

まだ昨年の話が終わらんのかぁーーーっ!! と、自分でも思いますが(笑)

記録しておかないと忘れちゃうお年頃ですからね、忘れないうちに頑張って書き留めますわ。

11/8のつづき

クリエリーニスタンパーリア財団をあとにし、街をぶらぶらてくてくしながら向かった先は
Ca' Foscari (カ・フォスカリ)。
Aちゃんが カ・フォスカリ ガイドツアー に申し込んでおいてくれてあったのです。
大学内やスカルパの改修エリアを案内してくれるガイドツアー。

a0224382_11504.jpg

大理石で作られた門にはフォスカリ家の紋章が。
現在はヴェネツィア大学本部として使用されています。

a0224382_1153748.jpg

改修や修復には数々の歴史がありますが、その中で1936年(玄関、1階会議室、2階大講堂)と
1956年(ボワズリー)の2回、カルロ・スカルパが修復を手がけています。

ツアーの説明は英語。
でも半分も聞き取れない。。。あー、自分にガッカリだよ。
と言うことで、言葉の断片から想像しながら見学(笑)

a0224382_1153940.jpg

500年以上に渡るこの建物の歴史の説明など。。。

印象深かったのは2階の大講堂かな。

a0224382_1154499.jpg

a0224382_1154637.jpg

ガラス越しの景色も素敵。

a0224382_1154843.jpg

遠くにチラっとリアルト橋が見えるの。

a0224382_11550100.jpg

フランク・ロイド・ライト風↓ボワズリー。

a0224382_1155299.jpg

a0224382_1155491.jpg

ガイドツアーに参加しなければ見られない部分。 
貴重な体験でした。

a0224382_1155638.jpg

a0224382_1155818.jpg

ガイドツアーのあとはアカデミア橋近くにあるアカデミア美術館に移動。

a0224382_116747.jpg

ここもカルロ・スカルパの手がけた改修部分がある。
あるのに・・・展示にうつつを抜かし(笑)スカルパの改修部分をじっくり見て来なかったという失態。
ただひとつ、数段の階段を経て展示室に上がる部分の階段はシンプルだけど雰囲気と質感があったなー…
という記憶が。 あれもスカルパの階段だったのかしら? そうであってくれーーーっ。
写真もないの、ここ。

そして私達はアカデミア橋を渡る。

a0224382_116557.jpg

大運河カナル・グランデに渡る橋。
ヴェネツィアにある橋の中で一番好きかも。
木造だとばかり思っていたら、構造部は鉄製で、橋台はコンクリート構造。
でも木造に見えるところがいいですね。
アーチライズも綺麗。

a0224382_116991.jpg

橋からの眺め。
これから行くのは橋を渡ったすぐのゴシック様式の建物、
Palazzo Cavalli Franchetti (パラッツォ・カヴァッリ=フランケッティ)
以前は邸宅でしたが、現在は芸術作品の展示会などがも催される会場となっています。

ここで観るのは ビエンナーレの特別展 Zaha Hadid 回顧展。

a0224382_1161272.jpg

彼女の作品はちょっと敬遠していたところもあって、雑誌でもあまり目にすることがなかったのですが、
知らずして敬遠もないなーと。 しっかり観よう。

a0224382_1164324.jpg

オブジェ的なプレゼン模型から

a0224382_116468.jpg

a0224382_1165925.jpg

実際の作品の図面、現場写真も

a0224382_117210.jpg

a0224382_1164835.jpg

幻の建築家…なんて言われながらも、こんなにも多くの作品が残っていることに驚いた。

a0224382_1181755.jpg

a0224382_1181974.jpg

a0224382_1165018.jpg

破壊実験も。 ・・・構造計算、どうやってするんだろ。。。 
裏付けのある感覚でデザインする彼女も凄いけど、彼女のデザインを実現させる構造屋さんも凄い。

a0224382_1165573.jpg

a0224382_1182246.jpg

a0224382_1165334.jpg

昨年生涯を閉じてしまったのがホント惜しい と、思わせる内容。 
先入観にも変化が生じ、機会を作って彼女の作品の中に身を置いてみたくなりました。

a0224382_118313.jpg

この建物自体も良かったですよ。

a0224382_1161443.jpg

建物内部からアカデミア橋を眺める。 人がいっぱい。

a0224382_1183358.jpg

観終わった時には周りは真っ暗。
この日もよく歩きました。
ヴェネツィアに来てから毎日20,000歩以上歩いてます。
こんなに歩くのも久しぶりで楽しい。

歩いていて出会った景色・・・は 次回。

まだまだ続きます。



















Commented by fsnote2 at 2017-01-11 07:43
流石、見るところが違いますね。
本当にイタリアは、見所がいっぱいですね!
文字入りガラス越しの景色、お洒落~♪
ふふふ、すんごい歩かされるの、わかります~^^
Commented by eggshell0125 at 2017-01-11 16:41
Fさん
こんなに長々と旅行話が続いて・・・
それなのにちゃんと見てくださってありがとうございます。
こんなにギュウギュウのスケジュールでも全部は見られない
のですから、ホント見所いっぱい。
歩くのが苦じゃないから良かったものの、高齢になったら
欲張って見ていられないなぁ~(笑)
今のタイミングで行かれたことに感謝です。
by eggshell0125 | 2017-01-11 01:32 | 日々のいろいろ | Comments(2)