旅の諸々−7

11/7 ミラノ日帰り旅の続き。

地下鉄Duomo駅からConciliazione駅に移動し、目指すは【 Spazio Rossana Orlandi 】 
駅から歩いて、その住所らしき場所にはたどり着いたものの看板も入口も見当たらない!!
道に面したギャラリーも人が見当たらず…さて、どうしたものか。

あれですよ、前ブログで紹介したインターホンみたいな小ささでの表示しかなかったから
わかり難かったの。

a0224382_2552441.jpg

入口もゲートの左奥だったから見え難い。

a0224382_2534631.jpg

ほらね、こんな感じ。 それらしきものが見えないのです。

でも無事辿り着きました。
Spazio Rossana Orlandi のSpazioの意味は空間。
オーナーの「ロッサーナ・オルランディ女史の空間」ってことですね。
どんな方なのか興味がわくじゃないかぁーーーっ。

a0224382_2535196.jpg

入口を入ると緑に包まれたガーデンが。
無造作のようだけどそうでもなさそうに作品が飾られたステージのような場所と
カフェ?レストラン?のように並べられたテーブル。
何やらイベントの準備か打ち合わせ中のようでスタッフや職人さん達が仕事中。
その中にロッサーナ・オルランディ女史の姿も。
もうね、一目見ただけでオーラを感じる方でした。
打ち合わせ中で写真を撮らせていただくには・・・でしたので、こちらで。

a0224382_255946.jpg

ギャラリーで展示をしたアーティストさん達がオフィス通路の壁に描いた女史のイラストのひとつ。

↓こちらの机はオランダの作家さんの作品。 リユース素材のみを使って制作されてます。

a0224382_2552277.jpg

古い建物をリフォームしてギャラリー、ショップ、レストランとして楽しめるようになっています。

a0224382_2552085.jpg

a0224382_2551440.jpg

アスティエの部屋もあった♪ ここでアスティエに出会えるとは・・・。

a0224382_2551139.jpg

家具あり アートあり 雑貨あり。

a0224382_255513.jpg

上階の空間も相当な広さです。 これは見応えある!!

a0224382_02230239.jpg

お庭で使われていた照明器具もあります。

a0224382_02222543.jpg

女史の、バリエーションに富んだ独特なセレクト。

a0224382_2545594.jpg

Spazio Rossana Orlandi だけで充分満足。
いろいろなギャラリーを巡る必要がないって気持ちにさせる豊富さ。

a0224382_2545373.jpg

a0224382_2544756.jpg

a0224382_02223462.jpg

a0224382_02224310.jpg

ユニークな作品も沢山。

a0224382_2545778.jpg

a0224382_2535574.jpg

a0224382_2534876.jpg

大満足でSpazio Rossana Orlandi をあとにします。

急にお腹が空いてきた!!


ミラノ日帰りの旅 続きます。



by eggshell0125 | 2016-12-29 02:42 | 日々のいろいろ | Comments(0)